ウォールアート <勝手にTOP5>

posted in: ウォールアート | 0
Pocket

ハワイに行ったら「ココに行ってみたい。」または、「去年も行ったけど、またココは再訪してみたい。」

そんな声を多く聞くのがカカアコを筆頭にハワイのいろんな所にあるウォールアートです。

そんな沢山のウォールアートの中から私が勝手に選んだ(お客様からのリクエストの多さ、

ちょっと発見し難い場所、完全に個人的趣味、大きさが魅力、等々。)5作品を紹介します。

1)場所は、空港の近くですし、割と昔からある作品なので「あっ、見た事ある。」という声が

聞こえてきそうな目立つ場所にある作品です。

ホテルから空港への帰り道に見えてくる可能性の高い絵です。

作者は、あの有名はRobert Wylandさん(1956年ミシガン州生まれ)です。 

現在ハワイの3箇所にギャラリーが有ります。 (ワイキキのLEWER’S ST.、

ハレイワ・タウン、 それからマウイ島のラハイナです。)

やはり、この絵のポイントは、ジャンプしているクジラにばかり目がいってしまいますが、

水中を泳ぐお母さんクジラが子供クジラを

サポートしている様子にあると思います。 冬のハワイには、アラスカ近辺の海から

妊娠したザトウクジラがやってきて

出産と子育ての初期段階をハワイの沿岸部で過ごします。

そんな冬の海を描いたのがこの作品です。

2)壮大なビーチのアートHILTONさんは、ブラジルのサンパウロで生まれ、まだ39歳という若さです。

作品は、WAIAKAMILO Rd.に有ります。 パイプラインを壁に描くという

壮大な作品は、誰もが驚き目を見張ります。

ペインターのHILTON ALVESさんの壁に描かれた作品は、世界中に残されています。

生まれ故郷のブラジル、アメリカ本土には

フロリダ州、テキサス州、カリフォルニア州、ハワイにはオアフ島とマウイ島、イスラエル、

シンガポールにもあり、現在も101個の作品を世界中に広めようと着々と進めています。

また、アート・ボックス・ギャラリーと名付けれられた小さなギャラリーが

ノースショアのカフクに有るので、

是非立ち寄ってみて下さい。

3)「aloha」 と大きく描かれたこのペイントは、日本のテレビ番組内でも取り上げられたりして

有名になった絵です。この場所には、何十回も撮影に行きましたが、

何度か日本の有名な芸能人さんにも遭遇しています。

RISK AND SONNY BOY  とは、ジャスパー・ウォングさんの事です。

彼は、地元の人に愛されるファミリー・レストラン・

スタイルのお店「Zippys」とコラボしたり、アラモアナのユニクロがオープンする前の

工事中の壁に絵を描いたりしていました。

4)あまりにも有名なモンスターのアートKevin Lyons さんの作品でカカアコ地区の

フィッシャーという文房具屋さんの壁に描かれています。

毎年2月に行われるPOW WOW HAWAIIというイベントの常連さんと言っても

過言ではないKevinさんは、ユニクロのハワイ限定Tシャツにもデザインを提供していました。

また2013年にはSTUSSYとのコラボTシャツも発売され現在は、プレミアの価値ある商品となっています。

        Kevinさんは、今までにNIKEConverse, Umbro, Coca-Cola, American Express, 

等大手の会社と仕事をしてきた有名なアーティストさんです。

5) 天使の羽根。 写真の羽は、Colette Miller さんの作品でKING St.

  小僧寿司の近くに有ります。Haleiwa townにある方が有名になっていますが、こちらはタウンエリアに有ります。

コレットさんの作品である天使の羽は、日本国内では東京都渋谷区の砂浜カフェ&  バーアリービーチ渋谷公園通り店、

横浜市中区新港にあるマリン&ウォーク ヨコハマ、藤沢市江ノ島にある アロハ・ビーチ・カフェの以上3箇所で見る事が出来ます。

        Colette Miller さんは、アメリカのヴァージニア州生まれで現在は、ロスアンジェルス在住のアーティストさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA